家庭ゴミ片付け案内

調布市のゴミ片付けは、お立合いしながら片付けます

ゴミ片付けは、何でもかたづけいたします。生ごみ・スプレー缶・ブロックなどの建築廃材もお任せ。お引越しの際のゴミ片付け、リフォームの際のゴミ片付け、ベランダ・物置・庭のゴミ片付け、お台所・トイレ・お風呂場の水回りのゴミ片付け、寝室や子供部屋とリビングのゴミ片付けでは、生活ゴミかから粗大ゴミ、リサイクル家電ゴミまで、丸ごとお任せいただけます。整理整頓・お引越し・お掃除も併せてご利用いただけます。
ご相談と料金のお問い合わせは、午前8時から午後7時まで、年中無休 料金相談ダイヤル03-5843-8387

いる物と要らないものは、私たちにわかりません。

お引越しと不用品の処分や遺品整理など、いる物、いらない物の分別が必要です。時として、お客さまと一緒に分別の作業を行うことも度々ですね。この分別の判断の早い人もいらっしゃいますし、なかなか判断つかない方もいます。
判断の速さは、決してお年寄りばかりでもありませんが、どちらかというとお年寄りが多い傾向にあります。私たちも家の片付けにあたって、お客さま自身で予めできていない場合には、一緒に作業を行います。この分別の作業は、根気と時間がかかるもので、一点ずつ、ゴミと思えるもの以外は、確認して作業します。1時間も一緒に作業しているとなんとなく、こういうものはいらなくて、こういうものは、いるんだなと、わかってきますが、それでも慎重に作業していきます。事前に見積もりができないだけあって、早く傾向を把握することが求められます。

調布市で立ち合いで分別片付けの事例

調布市でで高齢女性と一緒に整理した事例

調布市の郊外の一軒家に住む高齢の女性からのご依頼でした。生前整理を始めようと思って引き出しを開けたのだが、何が必要か分からなく途方に暮れてしまった、娘にも手伝いに来てもらっているのだがなかなか作業が進まないのでお手伝いして欲しい、ということでした。
依頼人の女性は頭はしっかりしていましたが、なかなか電話だけでは話が進まず、時間もかかるのでまずはお見積りに上がることにしました。玄関先で話を伺うのですが、話がとても長くなり必要としている物の把握が出来ません。
家に上がって大体の家具などの点検や引き出しの中身なども見せてもらいました。一日で作業が終わる感じはしませんでしたので、徐々に片付けていく方法をとりました。だいたい、1週間から2週間に1度ほど伺い、一緒に片付けることにしました。
時々娘さんも来て、一緒に作業する時は比較的スムーズに不用品を見極めていくことが出来ました。若い頃に趣味で行っていた日本舞踊関係の物なども出てきました。写真などはアルバムに収めていくようにし、そのほかの用具も綺麗な物だけ残すようにしました。もう使用しない古い家電や壊れた扇風機などは娘さんが説得して処分していきました。1カ月ほどお付き合いしていると何を必要としているのかが大体分かり、作業ペースも上げていくことができました。

調布市若いご夫婦からのゴミ片付けご依頼

若いご夫婦からの依頼でした。奥様は妊娠しており、出産までに今まで部屋の中の不用品を片付けて部屋をすっきりさせ、育児に必要な家具などを置けるようにしたい、ということでした。当初は夫婦で何とか片付けるつもりだったそうですが、奥様の悪阻なども酷く、旦那さんも仕事が忙しくてなかなか不用品の片付けに手が回らない状態でした。
要る物と要らない物を一緒に分別して不用品の処分までお願いしたい、と言われました。当日伺うとファミリー向けのマンションで、一部屋には既にベビーベットやオムツ、ベビー布団にグッズなどが詰め込まれている状態でした。居間は所狭しと物が溢れており、ベビーベッドを居間に置くことが出来ない状態でした。
奥様と一緒に小さな小物やショッピングバッグ、独身の頃着ていた衣類や雑貨などを分別しながら片付けていきました。いらないものが、どんどん部屋の中を占拠してどこに何があるのか自分で把握できない状態になっていました。片付けるうちに独身時代に使用していた物はあまり必要に思っていないことが分かり、コツを掴みながら不用品はどんどんゴミ袋に入れていきました。居間はすっきりと片付き、ここで育児ができるようになりました。