引越しゴミ片付け

町田市のゴミ片付けは、引越しや清掃もお任せ

ゴミ片付け

ゴミ片付けは、何でもかたづけいたします。生ごみ・スプレー缶・ブロックなどの建築廃材もお任せ。お引越しの際のゴミ片付け、リフォームの際のゴミ片付け、ベランダ・物置・庭のゴミ片付け、お台所・トイレ・お風呂場の水回りのゴミ片付け、寝室や子供部屋とリビングのゴミ片付けでは、生活ゴミかから粗大ゴミ、リサイクル家電ゴミまで、丸ごとお任せいただけます。整理整頓・お引越し・お掃除も併せてご利用いただけます。
ご相談と料金のお問い合わせは、午前8時から午後7時まで、年中無休 料金相談ダイヤル03-5843-8387

引っ越し計画をしっかり立てゴミを残さないようにしましょう

お引越しでどうしてもゴミが残ってしまいます。2トン一台に上る不用品やゴミが残る方もいれば、ゴミ袋3つ程度のゴミが残る方もおります。
少量のゴミが残るのは、照明器具、水回り用品、洗面用品とお掃除用品ぐらいです。これは、引越し当日まで使っていたものです。また、お掃除用品は、引越し後に掃除をするためですね。引越し先が近くなら、後で取りに来ることもできますが、遠方への引っ越しでは、再び戻ってくるわけにいきませんので、なるべく引越しトラックに載せるようにします。
もし、間に合わなければ、宅配便で新居に送ることを考えましょう。また、引っ越し終えて大量な不用品やゴミが残る方も多くおります。こちらの方は、引っ越しまでに不用品を事前に処分を行うつもりでいたが、何かと忙しく思うように処分ができなくて引っ越し当日を迎えた方ですね。引っ越し経験が少ない方やお忙しい方に多く見られます。中には、引っ越し当日までほとんど荷物の梱包の準備ができていなくて、引越し屋さんが帰ってしまうなどのケースも稀ですがあります。賃貸や売買を伴う引っ越しは、退去期限があり、期限過ぎるとペナルティを課せられることもあります。しっかりとした引っ越し計画を立てて無駄な費用をかけないようにいたしましょう。

町田市で引越しゴミをご利用いただいた事例

町田市で引っ越しの準備不足で業者に断られた事例

町田市のアパートから都内に仕事の関係で引っ越しが決まってインターネットですぐに安い業者を見つけてお願いしたものの忙しくてなかなか引っ越し作業をできずに当日を迎えてしまった20代男性の事例をご紹介します。引っ越しの前日まで友人と飲み歩くなどしてしまい、作業は全く行っていなかったそうです。
当日来た業者が現状を確認し、これでは言われた値段で引っ越し作業はできない、と断られました。また、部屋の中に残された大量のゴミなども断られた理由の一つだったそうです。慌てた依頼人は最小限の荷物を何とかまとめ、後の部屋の片づけを当店に依頼されました。
お部屋は賃貸でしたので明け渡しまで後3日というところでした。当日依頼人立会い不在のもとお部屋に伺いました。玄関には一応袋詰めされたゴミが大量に残され、照明器具やカーテン、カラーボックスなどの家具も残されたままでした。一応依頼人に電話で処分の了解をとり、全て外に付けたトラックに運び出すことになりました。家具の取り外しや運び出しなどは比較的簡単にできたのですが、雑多に詰め込まれたゴミ袋の中には電池や小型家電なども突っ込まれていました。結局その分別と清掃に時間がかかった事例でした。

町田市で引っ越ししてからゴミの回収をした事例

引越し作業を行う中で、不要なごみもたくさん出てきます。これを「あとで捨てよう」「荷造りが終わってから考えよう」とのんびり構えていると、「引越し当日なのにごみだらけ」という状態になるかもしれません。今回はその引っ越しゴミだけでなく普段からの生活ゴミも溜めてしまってそれらを引っ越し後に処分するように依頼されたケースです。
多摩市の独身者向けのマンションの一室にお住まいだった依頼人の男性は普段仕事が夜中まであり、土日は部屋に帰って寝るか友人と遊ぶかでゴミを出す暇がなかったそうです。結果、生ごみやプラゴミなどのゴミがどんどん溜まってしまいマンションの一室は完全にゴミ置き場になっている状態でした。転勤が決まり、慌ててゴミを出そうとしましたが自治体では限られた量しか出せません。
引っ越しの準備は何とか終えたのですが、ゴミの処分に困って私たちに依頼することにしました。当日依頼人はもう引っ越しした後でしたので立ち合いなしでそのゴミ置き場になった部屋のものを全てトラックに積み込みました。分別はされていて助かったのですが、部屋が7階にあったためエレベーターの往復が大変でした。特に居住者が多いマンションでエレベーターを占有することもできず住民に気を遣いながらの作業でした。