引越しゴミ片付け

武蔵村山市のゴミ片付けは、引越しや清掃もお任せ

ゴミ片付け

ゴミ片付けは、何でもかたづけいたします。生ごみ・スプレー缶・ブロックなどの建築廃材もお任せ。お引越しの際のゴミ片付け、リフォームの際のゴミ片付け、ベランダ・物置・庭のゴミ片付け、お台所・トイレ・お風呂場の水回りのゴミ片付け、寝室や子供部屋とリビングのゴミ片付けでは、生活ゴミかから粗大ゴミ、リサイクル家電ゴミまで、丸ごとお任せいただけます。整理整頓・お引越し・お掃除も併せてご利用いただけます。
ご相談と料金のお問い合わせは、午前8時から午後7時まで、年中無休 料金相談ダイヤル03-5843-8387

引っ越し計画をしっかり立てゴミを残さないようにしましょう

お引越しでどうしてもゴミが残ってしまいます。2トン一台に上る不用品やゴミが残る方もいれば、ゴミ袋3つ程度のゴミが残る方もおります。
少量のゴミが残るのは、照明器具、水回り用品、洗面用品とお掃除用品ぐらいです。これは、引越し当日まで使っていたものです。また、お掃除用品は、引越し後に掃除をするためですね。引越し先が近くなら、後で取りに来ることもできますが、遠方への引っ越しでは、再び戻ってくるわけにいきませんので、なるべく引越しトラックに載せるようにします。
もし、間に合わなければ、宅配便で新居に送ることを考えましょう。また、引っ越し終えて大量な不用品やゴミが残る方も多くおります。こちらの方は、引っ越しまでに不用品を事前に処分を行うつもりでいたが、何かと忙しく思うように処分ができなくて引っ越し当日を迎えた方ですね。引っ越し経験が少ない方やお忙しい方に多く見られます。中には、引っ越し当日までほとんど荷物の梱包の準備ができていなくて、引越し屋さんが帰ってしまうなどのケースも稀ですがあります。賃貸や売買を伴う引っ越しは、退去期限があり、期限過ぎるとペナルティを課せられることもあります。しっかりとした引っ越し計画を立てて無駄な費用をかけないようにいたしましょう。

武蔵村山市で引越しゴミをご利用いただいた事例

武蔵村山市で育児や家事に追われて残された引っ越しゴミの片付け

武蔵村山市の社宅から都内に引っ越しが決まった家族の奥様からのご依頼を紹介します。ご主人は電機会社にお勤めで転勤が多い仕事でした。
今回も2年居た武蔵村山市の社宅から都内に引っ越すことが決まったのですが、まだ小さいお子さん2人を抱えての引っ越しということで引っ越し時にどうしても出るゴミの処分まで手が回らない状態でした。引っ越し作業は会社が用意した引っ越し業者にお願いすることにして、引っ越し後に残された物の処分を当店に依頼されました。当日はもう引っ越しした後でご家族は戻って来ることは距離的にできないので立ち合いなしで作業することになりました。
玄関には残された箒やチリトリ、もう乗らない三輪車なども「処分をお願いします」という紙が貼られて置いてありました。また、玄関を入ったところには使用しなかった段ボールも詰まれていたのでこちらで取り外したカーテンやドアノブカバーなど小さめの不用品はその段ボールに詰めて運び出しました。生ごみなどは残されていなかったのですが、未開封の贈答品だと思われる缶詰などはぎっしり残っておりそれらも全て運び出しました。荷物を全て運び出した後、最後に残されたものがないか台所の上の棚や納戸などもしっかり点検し、作業を終えました。

武蔵村山市で突然の引っ越しで残されたゴミの片付け

武蔵村山市にあるアパートの大家さんからのご依頼でした。本来引っ越しゴミの処分などはその引っ越しする方が依頼するものなのですが、今回は貸していた部屋から突然借主が出て行った後の引っ越しで出たゴミの処分をお願いしたい、と困った大家さんからお願いされました。その部屋に住んでいたのは1年くらいしか住んでなかった家族だったらしいのですが、突然夜逃げ同然で出て行ってしまい、家具や照明、カーテンやゴミもそのまま残されたままだったそうです。
連絡も取れなくなってしまい、結局処分費用は借主の保証人に請求するとおっしゃっていました。当日スタッフ2名で伺うと部屋の中はまだ昨日まで人が住んでいるような状態でした。大家さんに元々備え付けであった家具などを聞きながらそれ以外の物は全てトラックに積み込んで行きました。結局2トントラック1台分の不用品を運び出し、残されていた雑誌類や紙ごみ、プラスチックごみなどもこちらで処分させていただきました。部屋の清掃は大家さんの方で行うということで今回は荷物の運び出しを中心に行いましたが丸一日かかりました。
(ご注意)今回は、保証人は、親族であり、荷物の処分は、保証人の責任で行う旨の確約をいただいてあるとのことでした。)